犬の皮膚病を治療しよう|大切な家族を守るために

ペットを葬儀しよう

供養

ペット葬儀は口コミサイトを使って情報収集できるほど人気のあるサービスで、各サービスの詳しい対応やサービスを調べる事ができます。このサービスではハムスターなどの小型ペットから、ゴールデンレトリバー等の大型ペットなどにも対応出来るのです。

もっと見る

ペットの扱い方

飼い主といぬ

犬のしつけをする上では、主従関係を確実に築くことが大切です。犬のしつけは公共の場でも必要であり、愛犬との快適な生活を送るためには不可欠となります。専門スクールは、こういった犬のしつけをプロの手で行ってもらえるとして人気です。

もっと見る

大切な家族を守る

イヌ

膿皮症の症状とは

今、犬の皮膚病が増えています。最も多い皮膚病は、膿皮症です。これは細菌による感染性の皮膚病ですが、感染性とはいえもともといた細菌の異常繁殖がほとんどです。季節の変化などの外的要因から、抵抗力が弱まった時などの内的要因など原因は様々で、最初はとても痒くなります。そのため執拗に皮膚を掻いたり舐めたりする犬がほとんどで、その回数が増えて最終的には膿を伴います。そうなると犬は大変痛がり、発熱を伴う場合もあります。その前に病院に連れていく処置が必要でしょう。犬の様子をいつも観察し、足で皮膚を掻く仕草が増えたら、膿皮症を疑いましょう。夏に多い症状とも言われ、皮膚がじめじめすることで発症しがちです。特に毛の長い犬種は、サマーカットをするなどの予防が必要です。

その他の症状と対策

膿皮症と並んで多い皮膚病は、ノミの繁殖によるアレルギーです。ノミが犬の毛皮に卵を生み、卵が孵って成虫となって皮膚を咬みます。その唾液に対するアレルギーで痒くなるのです。症状は膿皮症と同様で、犬はかなり痒がります。また、人間のようにアトピー性皮膚炎を持つ犬もいます。これもハウスダストなどによるアレルギー状態で、特徴的なのは耳の症状です。大半の犬が外耳炎を併発し、とても痒がります。耳を掻く仕草が増えたら、アトピー性皮膚炎を疑っても良いでしょう。いずれの場合も早めの病院行きが功を奏します。またいつも清潔を保ち、体毛が邪魔にならないようにする努力も必要です。常に犬の様子を観察し、異常を放置することのないようにしましょう。

ペットの供養をしよう

遺骨

ペット供養をするときには、こちら側の立場に立って適切なプランを提供してくれる業者を選びましょう。また火葬をするときには複数の方法があり、訪問火葬車や合同火葬など予算に合わせて選択する事ができるのです。

もっと見る